メニュー 閉じる

オンラインカジノは違法?逮捕者も出ているようだけど実際はどうなの?

違法

カジノ法案が成立したら日本でもカジノが合法になる

日本では賭博罪があるのでカジノを運営することはもちろん、そこで遊ぶ人も罪に問われます。
競馬やモータースポーツは公営ギャンブルとして特別に法律で認められているので合法です。

つまりは、基本的には違法だが、法律で特別に認められている場合には合法になるということです。

日本ではカジノ法案が成立する予定があります。
もしもカジノ法案が成立したら日本でもカジノが合法になります。

これは賭博罪がなくなるわけではないので注意です。
賭博罪という法律はそのままあるので日本ではギャンブルは違法、しかしカジノ法案が成立したら競馬などのように法律で認められたギャンブルとなるので合法になります。

オンラインカジノの場合はどうなる?

誤解してはいけませんが、現在はまだカジノ法案が施行されていないので、日本でもまだカジノは違法です。
ところがオンラインカジノの場合、インターネット上に遊技場がありますね。

この場合、住所がどこになるのかが問題となります。
一般的にインターネット上の住所はサーバーがある場所とされています。

サーバーがどこにあるのかをいちいち調べていては面倒なので、会社情報を見て運営会社の住所をチェックするのがよいです。
オンラインカジノを運営している会社ですが、イギリスやマルタ共和国などカジノが合法の国がほとんどです。

さらに、政府が発行しているライセンスを取得していることも確認しましょう。
イギリスやマルタ共和国では完全に自由にカジノ営業ができるわけではなく、政府からライセンスを発行してもらわないと営業できないようになっています。

逮捕されることと罪に問われることは別問題

このように、日本に居ながらインターネットを通して海外のサーバーでカジノを遊んだとしても、その国の法律が適用されるので合法です。
過去に逮捕者も出ていますが、逮捕されることと罪に問われることは別問題なのです。

2016年に起きたスマートライブカジノ事件が有名なのでその事件を例にあげて解説しましょう。

スマートライブカジノは英国の会社が運営しており、ライセンスも取得しているのでサイト自体に問題はありません。
この事件で警察が目を付けた理由は、

  • 日本人がディーラーだった
  • 1,000万円程度の大金を投入していた
  • サイトが日本人向けだった
  • ブログでプレイ履歴を公開していた

という部分などにありました。

この事件の裁判では必要的共犯が成立するかどうかが争点となりましたが、結局無罪という結果です。
無罪ということは全く罪に問われないということであり、警察のこじつけ的な逮捕・判断ミスで逮捕されたようなものだとも言われています。

警察はどうにかして海外のオンラインカジノで遊ぶ人を取り締まりたいのかもしれません。
しかし、海外にサーバーがある以上、その国の法律が適用されるので、違法となる心配はないです。

オンラインカジノは違法なのか?逮捕事例から違法性をチェック」も参考

オンラインカジノは信頼できるサイトで遊べば安全

この事件の他にも逮捕者が出たことはあるものの、有罪になったケースはまだありません。
結論として、オンラインカジノは信頼できるサイトで遊べば安全ということです。

とはいえ、だれだって逮捕されるのは嫌ですよね。
裁判で無罪となったら罪に問われることはありませんが、裁判には時間と手間がかかりますし、精神的な負担もあります。

過去の逮捕例から、日本人向けのカジノは危ないそうです。
日本人限定・日本人を主なターゲットとしているカジノは避けたほうが安全でしょう。

クレジットカードを利用しないということも1つのポイントです。
直接利用しなければOKで、ecoPayzなどの決済サービスを利用して間接的にクレジットカード入金をすれば大丈夫でしょう。

日本人のディーラーというのも逮捕の1つのポイントだったそうです。
そして最も重要なのは、大金を投入しないということです。

警察も暇ではないので少額プレイでは動きません。
これらの条件をすべて満たしているようなケースでもない限りは大丈夫かと思われます。